忙しい喫煙者もOK!チャンピックスの通販で禁煙を時短!

チャンピックス通販なら自宅で禁煙治療
お医者さんで禁煙治療って言っても受診する時間がない」「すきま時間で禁煙をはじめたい

毎日忙しいビジネスパーソンにとっては、禁煙のために通院する時間なんて、なかなか取れませんよね。有給を禁煙治療にあてるなんて、会社にはなかなか言いにくいものです。

実は、お医者さんの禁煙治療は、自宅にいても、すきま時間でも、いつでもはじめられます。時短禁煙のポイントは、禁煙補助薬(チャンピックス)を通販すること。

この記事では、いますぐに禁煙への第一歩を踏み出せる、チャンピックス(バレニクリン)の通販を紹介します。

入手方法で変わるチャンピックスの価格

お金とお財布と電卓
テレビCMでもおなじみの、保険適用で受けられるお医者さんの禁煙治療。保険適用と自由診療の違いと価格、通販でチャンピックスを購入する価格、両者を比較しながら紹介します。

禁煙外来では2万円前後(保険適用)で入手できる

禁煙時のニコチン切れによる離脱症状を抑えてくれるのがチャンピックスの最大の特徴と言えましょう。チャンピックスは、個人輸入代行を利用して購入することも可能ですが、病院の禁煙外来を使えば3割負担で使用することができます。

病院であれば、どこでも良いわけではなく、禁煙外来の診療科を持つ専門クリニックを選びましょう。チャンピックスは、保険が適用されるのは初診だけでなく、途中で通院を止めてしまった場合でも、保険が適用されます。初診から1年以上経過している場合は、自己負担率が3割になるのです。

ただし、禁煙指数が200を超えているか否かで、保険が適用されるか否かが変わります。スクリーニングテストを受けて禁煙指数により決まるわけです。実際の治療期間は12週間程度となり、その期間の分だけ治療費がかかります。

具体的な値段としては、初診料と再診料などの診察料、ニコチン依存症管理料・病外処方せん料の合計で2万円です。

これに加えて、保険薬局での内訳は調剤料とチャンピックスの価格の合計で、45,000円程度です。

診療所と保険薬局での合計は、65,000円程度となります。3割負担の場合は、19,500円です。

自由診療では6万円以上(実費)で入手できる

チャンピックスを実費での購入は、病院および薬局で支払う合計65,510円です。

この値段は12週間で掛かる総費用でもあり、高額な値段だと感じる人も多いのではないでしょうか。自費診療だと6万円を超える費用が必要になるのです。

自費になるかは、12週を経過した人や、禁煙外来で治療を受ける際に行われるスクリーニングテストや禁煙指数に応じて変わります。

禁煙指数とは、1日の喫煙本数と喫煙年数を掛け合わせた数値です。この値が200を超えているか否かで保険適応になるかが決まります。

チャンピックスは、病院で処方を受けた場合、薬代以外にも色々な費用がかかります。例えば、病院では最初に初診料を払うことになるわけですが、この金額は約8,000円です。

また、ニコチン依存症管理料が約1万円、これに加えて院外処方せん料が約3,000円必要です。12週間の薬代としては約4万円になりますが、保険が適用された場合は3割負担で済みます。

タバコの値段は今や500円前後が主流で、1日1箱吸う人の場合は1か月で約15,000円です。タバコを買い続けることを考えれば安いのではないでしょうか。

通販では2万円前後で入手できる

チャンピックスの購入方法の一つとして個人輸入代行を利用する方法があることをご存知でしょうか。(チャンピックス通販 – 薬の通販オンライン)

チャンピックスにはいくつか種類があります。最初に使用をするスターターパックと、チャンピックス禁煙フルパック、服用を初めから8日目以降から使えるメンテナンスパックの3種類です。

チャンピックスは徐々に薬の量を増やす薬剤で、メンテナンスパックは1箱28錠入りです。3か月間の禁煙をする時には3箱が必要です。

しかし、個人輸入代行の通販店では1箱9,000円前後です。また、商品をまとめ買い割により、2箱で15,000円前後や3箱で20,000円前後の値段で販売を行っています。まとめ買い割は大半の通販サイトにありますが、割引率や1箱当たりの値段はお店により様々です。

通販サイトは、商品代金の他にも送料が別途必要になります。まとめて購入すると金額も高めになり、送料無料になるチャンスもあります。通販サイトを使うとおおよそ20,000円前後の値段で買うことができます。通販サイトの場合は初診料やニコチン依存症管理料などの費用が掛からないのが魅力です。

チャンピックスを通販するメリット

メリットとデメリット

まとめて買えて安い

チャンピックスを通販サイトで買うメリットは、まとめ買いができて、便利かつ安くなることです。

自由診療の場合だと、病院費用を含めると合計約63,000円ほどで、対する通販サイトは41,000
円くらいで済みます。内訳は、自由診療における薬の値段が43,500円くらいで、病院費用が20,000円ほどとなっています。

通販サイトも41,000円ほどであまり差はありませんが、自由診療で避けられない診察料などが発生しない点が大きいです。診察費にニコチン依存症管理料と処方せん料、これらが薬代に加わる病院費用の内訳です。病院のように何度も通う必要がないのは、魅力的なポイントだといえるでしょう。

また、チャンピックスは、基本的に12週間服用します。12週目以降も服用を続ける場合も同様に、薬を自己負担で購入する必要です。当然のことながら、病院で処方を受けるとなれば薬と病院費が発生し、この分がコストとして負担となります。

自己負担は文字通り、患者さん自身が薬も診察料も負担する形なので、何度も病院に足を運ぶとなると大変です。それも12週目以降の治療も同様ですから、総額でいくらの負担になるかを考えた上で、購入方法を選択することが肝心です。

チャンピックスの個人輸入は合法

チャンピックスの個人輸入は基本的に合法です。

個人輸入は、認められている権利で、医療関係者以外でも海外から医薬品を輸入して取り寄せられるようになっています。もちろん、違法な薬物の輸入は明らかに問題です。チャンピックスのような医薬品であれば、ルールを守って合法的に輸入可能です。

管轄の厚生労働省によると、外用の医薬品や医薬部外品は処方せん薬だと24個まで、内服薬だと1ヶ月分まで輸入が認められます。それ以上をまとめて輸入しようとすると、税関で止められたり没収されます。1ヶ月分を目安に数量を守って個人輸入することが大切です。

具体的な数量の算出方法は、1回に服用する錠剤の数と1日の回数に日数を掛けるやり方で、この合計が1ヵ月に輸入できる上限となります。

合法的に輸入できる医薬品の種類や数量は、薬事法という法律で定められています。しかし、その範囲内で安全に手に入れられるわけです。

条件さえ満たせば、薬監証明と呼ばれる医薬品等輸入報告書が不要です。国内通販と同じ感覚で薬を取り寄せられます。

輸入が規制されている薬物などは、厚生労働省が公表しています。チャンピックスはそれに該当しておらず、問題ありません。

チャンピックスの通販が違法になるケース

チャンピックスは基本的に合法ですが、個人輸入でも違法に当たるケースがあります。
譲渡や転売は完全に違法です。この目的で輸入したり、余った分を譲るなどすると罪に問われる可能性が高まります。

海外通販は自分で使う分に限り海外から取り寄せる事が輸入を認める決まりです。

一方、アフィリエイトも同様にリスクが高いです。例えば未承認の薬を広告で紹介すると、薬事法とも呼ばれる薬機法に抵触して違反となります。国内で承認されている薬であっても、リスクがあるのは間違いありません。薬機法に抵触しない配慮が必要です。

また、輸入代行業者が商品リストを不特定多数に提示して、輸入の希望を募る行為も違法に当たります。これを能動的手続代行行為といい、アフィリエイトも抵触する可能性があると思われます。

消費者も、輸入代行業者の提示すリストの中から商品を選び輸入を依頼すると、能動的手続代行行為に当たる恐れがあります。

無承認医薬品における顧客の購入意欲を昂進させる意図の広告は、医薬品の広告該当性に当たると判断され、厳しく監視や指導が行われます。その為、能動的手続代行行為に該当する広告を提示しないようにしましょう。

チャンピックスは新しい禁煙補助薬?ほかとの違いは?

医薬品の錠剤

ファイザー新開発の成分バレニクリン

チャンピックスとは、アメリカの大手製薬会社のファイザー社が2006年5月に禁煙補助薬として発売した経口タイプの医薬品です。ニコチン依存症の人が服用すると錠剤に含まれているバレニクリン酸酒石酸塩の働きによって、喫煙による満足感を得られにくくします。また、禁煙を始めてからしばらく経つとあらわれる辛い禁断症状を緩和させる効果があるのです。

あくまでニコチン依存症からの脱却を補助するための医薬品です。禁煙に成功するためには喫煙者本人の強い意志が必要となります。しかし、今日までに多くの人がチャンピックスを使用して禁煙治療に成功していることからも効果の高さをうかがい知ることができるのです。

日本でチャンピックスの製造と販売が承認されたのは2008年1月です。同年5月から販売が開始されました。禁煙補助薬としては3番目の承認薬であり、国内初の経口タイプの医薬品です。これ以降に厚生労働省から承認を受けた禁煙補助薬は現在のところありません。

従来とはまったく異なるアプローチによる製品です。発売後ほどなくして注目が集まるようになり、処方を希望する人の多さゆえに欠品が生じました。今日ではチャンピックスは禁煙治療において第一に選択される薬となっています。

チャンピックスにはニコチンが含まれていない

チャンピックスが従来とは、まったく異なる新しいタイプの禁煙補助薬です。

チャンピックスが登場する前は、貼り薬のニコチンパッチや、チューインガムタイプのニコチンガムなどといったニコチン製剤禁煙が主流でした。これらの薬にはニコチンが含まれています。

ニコチンパッチの場合は、ニコチンの量が少ないパッチに少しずつ替えていきます。ニコチンガムの場合は、少しずつ口に入れる数量を減らしていきながら、体内のニコチンをゼロにするのです。

これに対して、チャンピックスの錠剤の中にはニコチンは全く含まれていません。錠剤の有効成分であるバレニクリンにニコチン受容体と結合して、少量のドパミンを放出する作用があるからです。

もし、この状態でタバコを吸っても、すでにバレニクリンがニコチン受容体と結合しません。ニコチンは、体外へ排出されるまでは何もできず体内に留まり続けることになります。タバコの満足感が得られにくくなり、禁煙開始後の禁断症状の強さを抑えられるのはこの作用が要因です。

バレニクリンについてさらに詳しく
参考:禁煙のおくすりってどんなもの? | e-ヘルスネット 情報提供

ニコチン依存症の患者に処方される

チャンピックスは、日本では処方箋医薬品となっており、処方箋があれば調剤薬局で手に入れることができます。しかし、処方箋を出してもらうためにはいくつかの条件を満たさなければなりません。

まず、ニコチン依存症のスクリーニングテストを受け、点数が5点以上に達している必要があります。

このテストは喫煙にまつわる10の質問に「はい」か「いいえ」で答えるだけの簡単なものです。「はい」と答えたら1点、「いいえ」と答えたら0点として点数を計算します。5点以上だとニコチン依存症と診断され、点数が高いほど症状が重いとみなされる可能性が高くなるのです。

禁煙治療は、このテストで依存症だと診断された上で、禁煙を開始する意志が必要です。治療を受けることを文書で同意した場合に受けることができます。35歳以上の人は、これに加えて、ブリンクマン指数が200以上に達していることも条件になります。ブリンクマン指数とは、1日の喫煙本数に吸い始めてからの年数を乗じた数値です。

ニコチン依存症の人は緊張時などで自然に放出されるドパミンの量が著しく減っています。喫煙でニコチンを体内に取り込んで、ドパミンを放出させないと、離脱症状があらわれるような体質になっているのです。これを改善するためには禁煙への強い意志が必要となります。その意志を貫くのを助けるための医薬品がチャンピックスです。

チャンピックスの効果はタバコの切望感と満足感を下げる

禁煙マーク

バレニクリンによる刺激作用と拮抗作用

チャンピックスは刺激作用と拮抗作用という、ニコチンの代わりに脳内の受容体に作用する部分作動薬です。刺激作用では少量のドパミン遊離を引き起こし、禁煙に伴う離脱症状と、タバコへの切望感を軽減します。

一方の拮抗作用は、服薬中にニコチン受容体のニコチン結合を阻害して、喫煙によって得られる満足感を抑えます。
チャンピックスはこの2つの効果によって、禁煙を実現することができるのです。通常、タバコを吸うとニコチンがニコチン受容体と結合します。

これにより、神経細胞の末端でドパミン放出が行われ、満足感や快感を得る結果に至ります。
しかし、チャンピックスの成分バレニクリンは、タバコを吸っても満足できなくしたり、離脱症状が軽減されて吸いたい気持ちが弱まります。
刺激作用と拮抗作用の2つの働きで禁煙をサポートし、無理なく服用を続けられます。

禁煙成功率は高く、継続的に禁煙状態を続けられます。ニコチンは、禁煙を始めて時間が経てば体から抜けます。禁煙当初に強い切望感が表れるのが問題です。
その点、チャンピックスは明確な作用機序で切望感を軽減するので、タバコへの渇望が少しずつ薄れていきます。

チャンピックスの禁煙成功率は65.4%

チャンピックスによる禁煙成功率は、継続によって少なくとも65.4%という高い数字が得られることが分かっています。

プラセボ薬での禁煙では成功率39.5%なので、チャンピックスの優位性は間違いないといえるでしょう。
国内外で複数回の臨床試験が行われた結果、最低でも約55%で禁煙に成功しています。成功率の違いは、チャンピックスの服用量によるものです。すなわち、0.25mgを1日2回よりも、1mgを1日2回の方が成功しやすいと考えられています。

第9週から12週まで服用すると禁煙成功率が高く、それより期間が短いと下がります。チャンピックスで禁煙を失敗する理由には、服薬の途中で喫煙をしてしまった場合があてはまりるのです。

服薬開始後7日間は、喫煙できるのがチャンピックスです。それ以降は12週まで禁煙を続ける必要があります。徐々に吸いたい気持ちは弱まります。しかし、喫煙への切望感が強いと、7日間が経過した後にタバコを吸ってしまうのです。

途中で服薬をやめてしまうと、チャンピックスの禁煙効果が得られなくなるので、失敗する確率が高まります。再チャレンジでも成功するので、仮に1回目で禁煙がうまくいかなくても諦めてしまうのは早計です。

チャンピックス一回分の服用で効果は13時間つづく

チャンピックスを1回服用すると、3時間ほどで血中濃度が最高値に達します。半減期は服用量によりますが、13時間から19時間ほど持続するのです。ニコチン結合体の具体的な結合の持続時間は、不明です。チャンピックスは、1日2回服用する薬で、半減期を元に用法用量が決められていると思われます。

つまり、ニコチンと受容体の結合を阻止する効果は、1回服用で約半日ほど持続すると考えることが可能です。毎日朝夕食後の2回服用するように決められているのも、チャンピックスが作用する効果の長さによると捉えるのが妥当です。

効果を発揮する長さに個人差はあります。しかし、1日2回の服用を続ければ、持続的にニコチンへの渇望が弱まって禁煙成功率が上がるのです。しかし、チャンピックスを飲み忘れてしまったり、飲まない日があるとニコチンがほしくなります。

毎日継続的に続けてこそ、ニコチン結合体にはチャンピックスが繋がり、喫煙の欲求が低下することとなるのです。錠剤を飲むと体内に長く留まり受容体に作用し続けます。