チャンピックスは条件を満たせば保険適用で購入できる

チャンピックスは条件を満たせば保険適用で購入できる

チャンピックスは禁煙外来で保険適用で購入できる

チャンピックスは、禁煙外来で入手できます。禁煙外来とは、禁煙を達成できるまでサポートしてくれる専門の医療機関です。

禁煙外来は、総合病院をはじめ、内科や循環器科、婦人科、外科など施設基準を満たした診療所に開設されています。豊富な知見を持つ専門医により適切な診断と治療が実施されているのです。

禁煙外来では、患者とのカウンセリングを通じて把握し、チャンピックスの処方や、治療するにあたって過ごし方のアドバイスなどを受けることができます

禁煙外来で治療を行うことは、個人で禁煙治療を行うケースと異なります。ニコチン離脱症状が発症したとしても迅速に診察や相談が可能なのも安心です。

禁煙外来に通って治療を受けたり医薬品の処方箋を出してもらう場合には、一定の条件を満たすことで保険適用となります。

チャンピックスで保険が適用されるには4つの条件をクリアする必要がある

チャンピックスを処方してもらうにあたり、保険適用されるには以下の条件を満たしている必要があります。

  • ニコチン依存症の判定テストの結果が5点以上
  • ブリンクマン指数の値が200以上
  • 禁煙への覚悟を示す意志の確認
  • 文書で同意する

ニコチン依存症の判定テストでは、自己制御困難や失敗体験、渇望や離脱症状、有害体験をしながら使用継続や依存の自覚、たばこ中心の生活などで構成されています。自身に該当する内容があれば1点として合計が5点を超えたら依存症となります。

ブリンクマン指数は、健康と喫煙の関係を表すもので、1日の平均喫煙本数に喫煙年数を掛けて導き出しますその数値が高いほど依存度が高いことになるのです。

基準となる値が200で、それを超えるとニコチン依存症と診断されます。400以上は肺がんに注意が必要で、600以上は肺がんや肺気腫の危険性が大です。1200以上では咽頭がんの危険性が大とされています。

禁煙治療は根気よく続けることが重要で、途中で諦めないことが大切です。文書で同意するシーンでは、本人だけではなく担当医や家族または同僚ら支援者のサインも併記されます。最後まで禁煙にチャレンジする強い意思が求められるのです。

条件を満たしても保険が適応されないケースがある

チャンピオンでの治療は概ね12週間が1つのサイクルです。この範囲であれば、条件を満たすことで、保険が適用されます。しかし、それまでに禁煙治療に失敗して12週以降も延長する場合は、保険適用外となり自費での治療となるので注意が必要です。

また、過去に禁煙外来への通院歴があり、初診日から1年経過せずに再受診をする場合も保険再算定ができずに保険外となります。

禁煙治治療を開始して約9か月前後で喫煙している割合は、最初の12週で治療を終えた人は4.7%です。それに対して、最大では5サイクルもの長期にわたる治療を実施した人では47.2%と上ります。

治療が長引くほどなかなか喫煙を止められない結果となりました。チャンピックスでは最初の12週間から24週間で辞められるかが肝になります。

12週経過して自由診療となった場合は、チャンピックスの料金だけではなく、再診料や診察料までも自費となってしまいます。大きな費用負担が圧し掛かり適切な診療を受けにくくなるのです。禁煙するために、保険適用となる最初の12週間が頑張りどころです。

もし保険適用期間内に禁煙できなければ、安く買えるチャンピックス通販がおすすめです。