チャンピックスの副作用で意識障害が生じる

チャンピックスの副作用で意識障害が生じる

チャンピックスの副作用には意識障害がある

チャンピックスの副作用では、意識障害が発生する可能性があります。自動車や機械の操作中に発生すると、事故や怪我の原因になるので注意しましょう。

過去にも服用中に車の運転をし、意識消失によって事故を起こしたという事例があります。そのため、服用中には運転をしないように注意点の改正が実施されました。

しかし、それでも意識障害による事故は引き続き発生しています。

副作用に関しては医師から説明があるので、日常生活では常に念頭に置いておく必要があるでしょう。

服用期間は、永久に続くものではなく、12週間が基本です。最長で24週間とされています。この期間は運転などは控え、事故を避けるように心掛けましょう

意識障害の発生に関しては、チャンピオンの発売開始から3年間の間に、16例ありました

そのうち自動車運転中に発生したものは3例です。いずれにしても服用中は、事故などを起こるリスクが高くなると認識してください。

重大な副作用として意識消失などが発生した場合は、必要に応じて投与を中止することになります。意識が消失した場合は、医師にすぐに相談しましょう。

チャンピックスで禁煙する場合は他の禁煙補助薬と併用してはいけない

チャンピックスで禁煙する場合は、他の禁煙補助薬は、使用しないようにしましょう

例えば、ニコチン製剤禁煙やニコチンパッチ、ニコチンガムなどを併用すると、副作用が強く出てしまう可能性があるのです。吐き気はよく見られる副作用であり、外国人のデータとして認められています。

自己判断による併用は禁煙率を下げることにもつながるので注意しましょう。禁煙の治療薬や補助薬は、用法・用量を守り、自己判断で服用しないことが重要です。

チャンピックスの副作用には吐き気や頭痛・便秘などがあります。副作用が気になる場合は医師に相談しましょう。

症状の出方は人によって異なり、不安感や気持ちの落ち込みなどを感じる人も少なくありません。製剤禁煙やニコチンパッチ、ニコチンガムなどと併用した場合は、特に吐き気が強くなる傾向があります。

日常生活に支障をきたしてしまうので、自己判断で他の禁煙補助薬と併用するのは避けましょう。正しく服用することが禁煙率を高めるためのポイントです。

チャンピックスには服用できない人や服用に注意すべき人がいる

チャンピックスは服用できない人や、服用に注意すべき人がいます。例えば、妊婦・授乳婦です。

妊婦が禁煙のために活用する場合は、服用における危険性に対して有益性が勝っていることが条件となります。安全性は確立されていないため、慎重に服用していく必要があるのです。

授乳婦に関してはチャンピックス服用を避けましょう。授乳中に薬剤の成分が子供に移行するかどうかは不明ですが、ラットによる動物実験では認められています。チャンピックスの服用においては添付文書をよく確認しておく必要があるでしょう。

禁煙外来で処方を受ける場合は医師の診断を受けますが、個人的に海外から取り寄せをする場合などは注意です。

この場合は、処方箋なしで入手ができますので、服用してはいけない状態で入手してしまう可能性があります。

いずれにしても、妊婦・授乳婦などが禁煙をする場合は行動療法が良いでしょう。喫煙を促すような行動は避けることが重要なので、家族からの協力も必要になるでしょう。

喫煙欲求を抑えるためには、喫煙したくなる状況を避けていくことがポイントです。例えば、早寝早起きをする、お酒を飲みすぎない、体を酷使させないなども重要となります。