チャンピックスの購入方法

チャンピックスの購入方法

チャンピックスを病院で入手できる

チャンピックスを病院で入手できます。禁煙できない原因のひとつに、ニコチンへの依存があげられます。そこで、ニコチンを使わずに治療できるチャンピックスで禁煙を目指しましょう。

チャンピックスは禁煙外来のある病院で処方されています。禁煙を目指す人は、まずは禁煙外来を相談してみることがおすすめです。

禁煙外来の治療費は高いと考える人も多いです。しかし、禁煙治療は、保険適用で行うことができ、それほど大きな治療費の負担はありません。

病院で薬を入手すると、医師から正しい服用方法をアドバイスしてもらうことができます。初めて治療を受ける人も安心して始めることができるのです。

健康保険を使って禁煙治療を受ける条件としては、ニコチン依存症のテストで5点以上ある必要があります。また、ただちに禁煙をはじめたいと考えているなどがあるのです。

診察やテストを受けて、治療が必要だと判断された場合は即日にも薬が処方されます。すぐに禁煙治療をはじめたいという人は、診察を受けてみましょう。

ただし、過去に禁煙治療を受けたことがある人は、初回診察日から1年経過していないと、自由診療となります。

チャンピックスはAmazonや楽天などの通販では入手できない

チャンピックスは医療機関で処方してもらうことができますが、できることなら医療機関に行かずに入手したいと考える人もあるのではないでしょうか。

平日は医療機関に通うのは難しいという人もおり、手軽に入手できないかと考える人も多いでしょう。

薬の購入方法としては、薬局やドラッグストアがあげられます。チャンピックスは、お店で販売されている医薬品ではありません。最近は薬をインターネット通販で入手する人もありますが、こうした方法なら入手できると考えている人もあるかもしれません。

しかし、Amazonや楽天のような大手通販サイトではチャンピックスは入手できません。その理由としては、チャンピックスは、医師の処方箋が必要な薬なので、大手ショッピングサイトでは販売できないのです。

こうしたサイトで購入できるのは市販薬のみとなります。禁煙治療薬であるチャンピックスは日本国内では禁煙外来でしか購入できない薬であることは理解しておきましょう。

チャンピックスは海外通販(個人輸入)で買える

チャンピックスは、通販で入手できない薬です。しかし、医療機関に行かずに購入できる方法はあります。

自宅のパソコンやスマートフォンから注文する方法としては、海外医薬品の個人輸入という方法があります。

チャンピックスは、国内の薬局では販売されていません。海外では市販されており、日本国内の法律でも海外医薬品を個人輸入することは違法ではありません。

この場合は、あくまで本人が使用する目的で購入できます。他の人に譲る・売るなどの目的では入手できないことは理解しておきましょう。

個人輸入は、難しいものというイメージもあります。輸入代行サイトを通じて購入すれば、難しい手続きは業者がすべて行ってくれます。国内の通販サイトを同じ感覚で入手できるのです。

インターネットでは、24時間対応です。時間を気にすることなく、いつでも注文できるのもメリットがあります。

支払い方法もクレジットカードや銀行振り込みなど、さまざまな方法があります。それぞれに合う支払い方を選んでいきましょう。

注文した薬は、自宅など希望の場所に届けられます。病院と同じ薬が入手できますが、医師の処方箋は必要ありません。値段も病院よりも安いというのもメリットです。

使い方も病院で処方されるものと同じですので、正しい使い方を理解しておきましょう。