チャンピックスの副作用

チャンピックスの副作用

チャンピックスの副作用は消化器症状が出やすい

禁煙外来にて医師と共に進める禁煙は、自身の努力で行うのに比べると、楽です。しかし、薬自体の副作用に悩まされることがあります。

チャンピックスの持つ副作用として多いのが、吐き気や嘔吐感など消化器症状です。特に、始めたばかりの頃には出やすく、いつ気持ち悪くなるか分かりません。1週目・2週目辺りまでは車の運転や高所での作業は避けた方が良さそうです。

それ以外にも、頭痛が起こったり眠れなくなったりします。また、悪夢を度々見るようになったり、消化器症状以外にもさまざまな症状が生じるのです。気になることは早めに何でも相談することをおすすめします。いつの間にかうつ病状態になっていて、自殺に追い込まれるようなことがあるのです。

また、チャンピックスにもドーパミンを出す作用があります。一気にその量が減る以上は精神面での弊害は起こりやすいのです。

お腹の調子も悪くなるため、日常生活に大いに影響を及ぼすこととなるかもしれません。できれば長期休みが取れる時期を狙って服用を始めましょう。

チャンピックスは血圧に影響する

タバコは身体に大きな影響を与える毒です。タバコをやめることができないのは、ニコチン依存症という病気にかかっているからです。ニコチンは、摂取している間はドーパミンを刺激して快楽をもたらしてくれます。

ニコチンは、摂取している間はドーパミンを刺激して快楽をもたらしてくれます。しかし、一度摂取をやめると、途端に悪夢として襲ってくるのです。最近では禁煙外来も増え、チャンピックスなどの薬もあるので、医師と共に禁煙することをおすすめします。

チャンピックスは、副作用が多く、うつ状態となってしまう方も多いです。また、消化器官系を中心に身体にも症状が現れます。チャンピックスを使って禁煙することは血圧にも影響を与えるのです。

低血圧や高血圧だという人は問診票できちんと書いておき、毎回血圧を測った方が良いでしょう。喫煙中と比べて、更に血圧に異常な変化が現れることがあるからです。血圧の変化は、体調には出にくく、最悪の場合は重篤な症状になってしまう危険があります。

ニコチン離脱症状はチャンピックスの副作用ではなく禁煙の症状

米国での調べによると、禁煙に挑戦して6か月以上続いたという方は、わずか1割程度しかいません。とにかく禁煙を続けるのはかなり大変なのです。

その原因となるのが、ニコチンです。禁煙をすると、ニコチン離脱症状が生じます。ニコチン離脱症状とはどういったものでしょう。

タバコを吸うと、ニコチンが脳にあるニコチン受容体に結合します。そうすると快楽を生じさせる物質・ドーパミンが大量放出され快感を味わうことができるのです。

しかし、30分もすると体内のニコチンが切れてしまいます。その際現れるのが離脱症状です。その離脱症状を解消しようと更に吸ってしまい、喫煙を辞められないループになります。

チャンピックスにもドーパミンを出させる作用はあるものの、ニコチンに比べると少量です。他で快楽を得ようと、太る人もいます。

しかし、一時的に快感を与えるだけで、タバコが身体に大きな害を成すことは事実です。離脱症状が強く現れるのはチャンピックス服用を初めてから1週間から2週間程度と言われています。それを乗り越えれば多少は落ち着くので、時間が解決してくれると信じて頑張るしかありません。